函館圏フリースクール すまいる Q&A

利用方法 について

何歳まで利用可能ですか?

特に制限していませんが、小学1年生~高校生年代を対象にしています。

学習支援などは、二十歳以上で利用されている方もいます。

 

フリースペースは見学できますか?すぐ利用できますか?

見学は可能ですが事前にご連絡ください。

 

希望があれば、見学と同時に利用体験も可能です。

体験は無料です。

 

規則などはありますか?

基本的にはありません。

社会的なルールは守ることは当然ですが、困ったことはみんなで考えます。

 

すまいるを辞めたい・再度利用したい

利用は基本的に1回毎(学習支援は月毎)になりますので、

特に手続き等は必要ありません。

 

しばらく行ってなかったけど、また行きたいという場合でも同様です。

 

障がいがある子は利用できますか?

すまいるスタッフには、障がいの専門資格や知識はなく、

スタッフの人数も限られているため、できることは限られます。

 

原則的に障がいを理由にお断りすることはありませんが、

活動等含めて、相談して頂ければと思います。

 

すまいるは何をしてもらえるところですか?

利用者によって「フリースペース」の目的が違います。

・家から出ること

・家族以外で気持ちを受け止めてもらえること

・コミュニケーションや社会性

・選択肢の一つ

・ゆっくり休む

・勉強の時間

活動の内容は、利用者がいれば利用者の数だけ違ってきますが、

私達はまず来てもらうそのことを嬉しく思っています。

 

学習支援の「訪問サポート」は、出張版「フリスペ」です。

スタッフと1対1でゆったり時間をすごすことができるので、

他の人に気兼ねすることもありません。

普段できない話や、遊びを一緒に楽しみましょう。

「訪問サポート」は好きな時間に利用できますので、

不登校でなくても放課後に宿題を見たりすることもできます。

 

「相談」活動は、

不登校児を持つ家族の方のお悩みはもちろん、

ご本人の生活や学校についてのお悩み、

進路や資格等の情報提供も担当者が親身にお答えします。

 

このように活動の自由度が大きいので、利用者の生活の一部として、

能動的に上手くすまいるを“使って”頂きたいと願っています。

 

学校との関係はどうなりますか?

フリースペースは、利用者の“居場所”に存在意義があります。

 

学校復帰を目的とした活動ではありませんので、

登校を促すような働きかけはありません。

(もちろん学校を否定するものでもありません)

 

しかし、義務教育期間中は在籍校がありますので、

必要に応じて連絡等をとっています。

 

また、不登校だけを対象にしているわけではありません。

登校しながらでも時々すまいるを利用したり、

放課後「訪問サポート」を利用するといったことも可能です。

 

高校進学や高卒認定等の情報提供もしていますので、

いつでもご連絡ください。