函館圏フリースクール すまいる Q&A

すまいる について

なぜ「函館圏フリースクール すまいる」というのですか?

「函館圏」としたのは函館市にフリースクールがなかった(2012現在)こと、

通所を考えた場合、函館市、北斗市、七飯町などを想定したことからです。

もちろん、それ以外の場所から利用することが制限されているわけではありません。

 

「すまいる」というのは、代表の「子どもの笑顔っていいよね」の一言から。

最初は、英語表記で考えていましたが、

やわらかさ・わかりさすさを考えてひらがな表記にしました。

 

単純にニコニコすることももちろんですが、顔にあらわれなくても、

幸せや喜びを共有することを目指して活動しています。

 

どんな人がいますか?

固定スタッフは6名で、男女比は3対3になります。

時々で臨時スタッフが入る場合があります。

スタッフは、フリースペースには、常時2~3名がいます。

学習支援は、利用者の希望にあわせたスタッフが担当します。

 

利用者は、小学生から高校生までの登録者がいます。

フリースペースは1回毎の利用になりますので、毎回参加人数は異なります。

 

 

どんなことしてるんですか?

フリースペースは、スタッフも利用者も基本的には好きなことをしています。

 

例えば・・・

・PSPやDS等のゲーム

・DVD・音楽視聴

・ボードゲーム(オセロ・将棋・チェス・囲碁・麻雀・ジェンガ・人生ゲーム等)

・読書

・勉強

・イラスト

・雑談

・釣り

・料理

 

やりたいことがあれば、どんどん取り入れていきたいと思います。

 

学習支援も、好きなことをしているのはかわりません。

理科の実験や調理実習が中心で教科書を使わない方もいますし、 

学校の進度を参考に勉強したい方のサポートもしています。

釣りやカラオケ等遊びに行ったり、お菓子とお茶でおしゃべりもします。

フリースペースとの違いは、スタッフの個別対応であることと、

そこにゆるやかな目的があることではないでしょうか。

“達成感”を共有できるのは楽しいですね。

どんなところですか?

大手町教室は、国際ホテルのすぐ近くにあります。

観光場所ど真ん中です。建物は2階建ての一軒家です。

 

近くにはセブンイレブンやサンクスがありますし、

少し歩くとハセガワストア・ラッキーピエロ・スタバもありますので、

お昼等買い物も便利です。

 

また、海と山に囲まれていますので、

希望があれば、色々なことができそうです。

日常的に“釣り”ができるフリースクールはそうそうありません。

 

1階はフリースペースと学習ルームとキッチンで、

2階はゆったりルームになります。

勉強も遊びも休憩も自由にできます。